「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

TOEICで目指すべきはスキル、スコアではない

新TOEICを一言でいうと、より現実的な英語能力判断テストになったということです。グローバル化により、ここ10年でビジネスのコミュニケーションの方法も変化しており、それをテストに反映させたと思います。

テストを実際に制作するアメリカETS社によれば、全体の問題数や量は増えていないそうです。ただリーディング問題については10分ほど余っていた時間がなくなり、問題に読みごたえがあり、負担がかかるようになったと説明されています。

つまり、文脈の前後関係を読み込まないと解けない問題が増えた事が背景にあるようです。逆に文脈を理解すれば素直に解ける問題も増えたという意見もありました。単語の前後を読んで当たりをつける小手先テクニックで解いてきた人にとっては、より難しくなっているかもしれません。

ただ平均スコアに変化はなく、2016年度後半の平均スコアは、2年前の平均スコアをほぼ同じです。高スコアを狙うにはより自然な英語に慣れていくことが重要になりそうです。テストには日常会話からビジネスなど多様なシーンの英語が出てきます。これらの英語に慣れながらスピードを意識して解くことも重要になります。

例えば、社員にTOEICを受験させる企業は今も増加傾向にありますが、ただTOEICを受けさせるだけで十分と考えていた経営側の反応が、急に変わり始めているようです。経営側は700点でも英語が話せない社員がいることを悩んでいます。

一方、製造部門やマーケティング部門が海外企業と直接やり取りする機会が増えている中、思う様なパフォーマンスが出せていない社員が多いようです。つまり、リスニング力とリーディング力はあっても、肝心のスピーキング力がなければ英語力とは呼べないのかもしれません。

目指すべきは英語スキルなのですが、ついTOEICスコアに目がいってしまっているわけです。社員の意識を変えるためにTOEICのS"Wテストを導入する企業も増えています。これは非ネイティブスピーカーのスピーキング力とライティング力を測定するために設計されたテストです。

とにかくS"Pテストは採点のクオリティーが高く、一人の受験者に平均10名の採点者が関わっているといわれています。例えば、100人分の問題をを抜き出し、1人の採点者がそれだけを採点するため、スコア自体にばらつきができない仕組みになっています。

600点が見えてきたらS"Pテストも併用して受験することも一つの方法です。英語を口から出すためには、英会話スクールなどで自分の身の回りのことを話し、動画など生のコミュニケーション場面を見ながら感覚を取り入れる学習をすべきです。

さらに、企業の悩みとして挙げられるのが、海外売上高比率が日本国内よりも多いのに、英語をまともに使える社員が少ないという逆転現象が起き始めています。特に苦しんでいるのがTOEIC400点以下の社員たちの底上げです。

これまで企業は、500点までは自助努力でなんとか引上げ、そこから会社が補助金を出す、などと言ってきましたが、それではもう追いつかなくなってきています。

今後、TOEICの受験者はさらに増えていくものと思われますが、それに伴いTOEIC嫌いが増えてしまうおそれがあります。無理やり受験させられていると感じている社員に、正しい理解と使い方を伝えていくことが使命になっています。

TOEICは一発勝負の資格試験ではなく、自分の英語学習が目標に対して進んでいるのか、定期的なテストで確認しながら内容を軌道修正することが望まれています。英語学習の判断基準として、TOEICを効果的に活用されるのは今後も続くものと思われます。

INDEX

NEXT:CASECやE-CATというスピーキングテストを開発⇒

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village