「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

CASECやE-CATというスピーキングテストを開発

日常生活で英語を使う必要がないEFL環境にある日本ですが、話す能力を高めるためにはスピーキングテストで自分にプレッシャーをかけるのが最も効果的です。スコアを上げることを目標にすれば、英会話スクールなどを利用して徹底的に話す勉強をするようになるはずです。

ただ、これまでのスピーキングテストは英語初心者にとってレベルが高すぎるという問題がありました。難しすぎる英語テストは受験へのモチベーションそのものを下げてしまいます。そこでインターネット経由で行う英語能力判断テストのCASECやE-CATなどEFL環境にいる日本人向けに適切なレベルのスピーキングテストとして開発されました。

このようなインターネットを利用したテストは、世界的な企業や政府などで採用されており、文法やリスニング、リーディング、ライティング、そしてスピーキングという5技能の英語コミュニケーション能力を判定できるようになっています。

受験者の答えた内容は音声データファイルとしてサーバーに転送され、ネイティブが採点し、スコアが出るようになっています。インターネット上で行われるため、試験を受ける場所や日時など予約の必要がなく、自宅でも受験できるようになっています。

しかも、いつでも達成レベルの確認ができ、会社の会議室に社員を集めて受験させるなど、企業研修や学校での集団受験のための効果測定として取り入れることも可能です。

大学受験のように、文法問題が多ければ文法ばかりを勉強するようになるように、試験問題が学習方法を決めるようになりがちですが、2つのテストともこの点を念頭に置いて問題を設定しています。

問題構成は、テスト時間は約30分で、内容は英検準2級~準1級レベルになっています。TOEFLは欧米の大学に対応するためにアカデミックなテストですが、TOEICはビジネスに特化した問題が多く出題されます。

一方、CASECやE-CATは政治や経済などの知識を問われることがなく、日常会話や旅行など学生や社会人の日常生活にかかわる一般的なトピックが出題される特徴があります。

発音やイントネーションを評価のポイントに置く傾向がありますが、アメリカ英語やイギリス英語に近いかどうかを問われているわけではありません。英語ネイティブだけはなく、世界中で英語を使用する英語ネイティブではない人々にも理解される英語かを評価しているわけです。

答える時に注意したいのが、一問一答形式ではないというところです。むしろスピーキングの能力を正確に測定するため、あえて制限時間を30秒という長い時間話し続ける形の問題になっています。

ちなみに、受けるたびに内容は変わり、回答する前には同じ秒数の練習時間が設定されており、テストを重ねることで英会話の練習にもなります。公式アカウントには動画も用意されており、問題の形式に慣れておくこともできます。

さらに、受験時の緊張を出来るだけほぐしてくれる工夫もされています。答える前に十分な準備時間があるのも試験中、自由にメモが取れるのも受験者に心理的な余裕を持たせるためです。ゆっくりと語りかけてくるナレーターの指示に従って、静止画を見ながら自然に発話できる仕組みになっています。

実際のところ、社員の英語力をチェックするためにCASECを導入した会社のアンケートには、72%以上がテストが楽しかったと回答しています。合計点だけではなくスピーキングの国際的な基準である欧州のCEFRで見た時、自分のレベルがどれくらいであるか知ることができます。

主要な英語の資格検定試験では、欧州基準のCEFRとのスコア対照表があるため、CEFR基準がわかればIELTSやTOEFLなど他の試験でどのレベルなのかもおおよそ見当がつくはずです。流暢さや正確さ、語彙、表現力などで評価したスコアが表示されるため、試験後の英語学習の参考にも役立ちます。

INDEX

NEXT:大学入試試験から英語教育が転換期にある⇒

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village