「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌駅前/大通エリア)
  • ランゲージハウス札幌
    ランゲージハウス札幌
    (札幌駅前)
  • GABAマンツーマン英会話
    GABA
    (札幌駅前)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

英語のメールは完璧を目指さないからこそ、印象を良くする(1)

外国人とのビジネスに欠かせない英文メールですが、ただ日本語から英語に訳すのでなく、そのやり方に欠かせない心構えがあります。

はっきり言ってしまえば、メールを相手に正しく送ることができれば、英語力など関係ありません。メールをしっかり書ければ、あとは英文を声に出すトレーニングをすることで英語が話せるようになります。

つまり、英語が書けないということは、英語が話せないということでもあります。書けるようになるためには、まずは英文メールをできるだけ多く読むしかありません。そして、読みながら使えるフレーズをストックしていきます。

書く時に実際にそのフレーズや言い回しを使ってみます。また、英文メールについてある程度は本などで知識を蓄積することも大切です。参考にできるものは試してみて、使える英語表現を増やしていきます。

さらに、書いたメール内容を音読することも大切です。通常、職場なら声は出せませんが、自分が声を出して理解できる仕事の内容から問題ないはずです。音読して理解できるまで語彙を増やせば、自然とリスニング力もついてきます。

英語の4技能である「聞く」「話す」「読む」「書く」は、全てつながっています。顔に耳と目、口がつながっているのと同じことです。どちらかと言えば、頭で覚えるよりも体全体で覚えていくイメージです。

相手からメールが来た時にも、まず声を出しながら読んでいきます。その後、返信を書いていくことで英語力全般がレベルアップしていきます。

メールだけではなく、電話対応や会議でも相手の言うことを聞き取り、瞬時に回答することがビジネスマンには求められているスキルです。メールは時間的な余裕が与えられているので、すこし楽な気持になりがちです。

しかし、時間をかけて丁寧に書こうとするあまり、文章自体が長くなってしまい相手に何が言いたいのかがわかりにくい内容になることがあります。そうならないよう、挨拶や説明は簡単にまとめることです。

実は、長くてわかりにくいメールは相手に時間を取らせることになってしまい、相手は返事を書きにくい気持ちになることがあります。メールは、自分だけではなく、相手のことも考えて書くことがないよりも重要になるということです。

欧米人や中国人など、外国人ビジネスマンが好むことはテンポよくメールや電話でやり取りすることです。だから、ぶっきらぼうでもシンプルでわかりやすいメールを読みたいと思っています。わざわざ難しい表現を使うことはありません。

できるだけわかりやすい英語でシンプルに説明することを心がけていきましょう。

次の記事へ>>>英語のメールは完璧を目指さないからこそ、印象を良くする(2)

<<< ビジネスマンのための挫折しない英語学習方法目次へ

何故、学習効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village