「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌駅前/大通エリア)
  • ランゲージハウス札幌
    ランゲージハウス札幌
    (札幌駅前)
  • GABAマンツーマン英会話
    GABA
    (札幌駅前)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

英語のメールは完璧を目指さないからこそ、印象を良くする(2)

外国人とのビジネスには欠かせないメールですが、実はそのやり取りにも欠かせない心構えのようなものがあります。

実際に、相手とコミュニケーションをとる際に使われるのが、言葉による方法と表情、そしてジェスチャー(ボディランゲージ)です。

そのうちメールは、言葉だけでメッセージを伝えるしか方法がありません。メールの文章から相手には個人の仕事の質や組織のチームワーク力などを判断されることになります。だから、どのように伝えていくかが問われているわけです。

メールで伝えるには、できるだけ前向きに、しかも否定文ではなく肯定文を多用し、受動態ではなく能動態を使う必要があります。つまり、受け身ではなくてIやWeを主語としてメールを書いていきます。そうすれば、メール全体の印象が大きく変わります。

今、メールやチャットが電話の代わりとしてよく使われるようになっていますが、ビジネスでもスマホから発信するのが日常的になりつつあります。メールの内容も、より丁寧に会話するようにしている人も多いと思います。

会話といっても、あくまでビジネス上でのツールであるため、丁寧にしかも形式に沿っただけのメールでは仕事の力量を疑われることもあり得ます。書いた英文が日本語で言いたいことをそのまま会話にできるようなメールが理想的です。

事務的な英文では印象がなく、何か冷たい感じを受けるのでなるべく温かみのあるメールにするよう工夫していくことが求められているように思います。

とにかく、何度も英語でメールを書く習慣を付けることが重要で、場数を踏んでいけば誰でも理想的な英文を書けるようになるはずです。

メールの文章を書き終えた後は、必ずそれを声に出して読むことでスピーキングのトレーニングにもなります。このように、トレーニングを積み重ねていけば徐々に会議や商談の時に変化が起きていることに気づくことになります。

失敗を恐れずに、まずは修正しながら前向きに取り込んでいくことです。相手に誤解されることは日本人同士でもよくあることなので、ましてや外国人と英語でやり取りするということは当たり前のことという気構えを持つことです。

これを地道に進めていくうちに、いつの間にか自分の英語力が大幅に向上し、同僚や取引先を驚かせるような英語を話したり、書いたりするようになるかもしれません。

そのためには、完璧を目指さず、相手に失礼かどうかなど礼儀を気にし過ぎないことです。また、時間をかけすぎずに返信は早めにすることです。

次の記事へ>>>東京オリンピック開催まで残り5か月 観光ボランティアガイドの英語力について

<<< ビジネスマンのための挫折しない英語学習方法目次へ

何故、学習効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village